CQUARTZ DLUX シークオーツディーラックス 5,900円(税込6,490円)


サイズ: 30ml kit
価格:
販売価格¥5,900
在庫:
在庫あり

説明

樹脂、ホイール部分への高品質コーティング剤

合金ホイール、プラスチック色あせ、ゴム部分に対し、CQUARTZ DLUXは、光沢のある仕上げを復元し、それらの表面に適切かつ、持続的な疎水性ナノテクノロジーの保護効果をもたらします。

ホイール、プラスチック、ゴム部分を対象としたコーティング製品が効果的に塗布されないのを防止するために、CQUARTZ DLUXは、従来のCQUARTZコーティングよりも厚いフィルムの構築、および体積あたり50%のシリカ含有量となっております。

プラスチックとゴムのトリムに使用された場合、CQUARTZ DLUXは表面の光沢と色を復元し、そして将来的な色あせを未然に防ぎます。

塗装、研磨、またはクロームメッキホイールに対してCQUARTZ DLUXは使用可能です。
ホイール部分に使用した場合は、ブレーキダストと道路汚れを効果的に軽減します。

 

C.QUARTZ DLUX 30ml kit

・C.QUARTZ DLUX 30ml

・アプリケーターブロック 1個

・スエード(10×10cm) 4個

・C.QUARTZ 施工ステッカー 2枚

 

C.QUARTZ DLUX 100ml

・C.QUARTZ DLUX 100ml
・アプリケーターブロック 1個
・スエード(10×10cm) 5個
・C.QUARTZ 施工ステッカー 5枚

 

 使用方法

◯ホイールに施工する場合

・塗布前

①カーシャンプーで洗ってください。

②IronX(鉄粉除去剤)、TarX(タール除去剤)、Spotless 2.0(スポットリムーバー)、Clay Bar(粘土クリーナー)などで洗浄を行ってください。※必要があればボディを研磨してください。マット塗装の表面に施工する場合は、Clay Barの使用ならびに研磨はお控えください。

③Eraser(脱脂剤)などで脱脂してください。

・1層目 ※使用前に必ず目立たない箇所で試してからお使いください。

①ボトルをよく振ってください。付属のアプリケーターブロックにスエード(10×10cm)を巻き付けてください。C.QUARTZ DLUXを作成したスエードアプリケーターに1往復程度つけてください。

②完全に乾いたホイールの4分の1の範囲に塗布してください。※コーティング剤が均等になるように塗り込んでください。

③新しいマイクロファイバータオルを2枚用意してください。塗布後、すぐ(直後〜2分)に1枚目のマイクロファイバータオルで拭き上げてください。その後、2枚目のマイクロファイバータオルでムラやコーティング剤の残りがないように拭き上げてください。

④ムラがないことを確認した後、次のセクションに移動し、②〜③を繰り返してください。

・2層目

①最後のセクションから1〜4時間あけてください。

②上記の①〜④を繰り返してください。 ※前の層で使用したアプリケーター、マイクロファイバータオルは次の層では使用せず、常に新しいものを用意してください。

・塗布後

①コーティング剤の硬化時間は24時間です。

②完全硬化までは1週間程度を必要とします。その間に汚れなどが付着した場合、ケミカルを使用せずに水洗いのみで洗浄を行ってください。

※最後に塗布した時点から2時間はボディに触れないでください。指紋など跡が残る恐れがあります。

※遠赤外線を使用する場合は、10〜15分を目安に50〜60℃に設定して乾燥させてください。

※アプリケーターやマイクロファイバータオルは、使用の都度、新しいものに交換してください。

◯樹脂パーツに施工する場合

・塗布前

①カーシャンプーで洗ってください。

②IronX(鉄粉除去剤)、TarX(タール除去剤)、Spotless 2.0(スポットリムーバー)などで洗浄を行ってください。

③Eraser(脱脂剤)などで脱脂してください。

・1層目 ※使用前に必ず目立たない箇所で試してからお使いください。

①ボトルをよく振ってください。付属のアプリケーターブロックにスエード(10×10cm)を巻き付けてください。C.QUARTZ DLUXを作成したスエードアプリケーターに1往復程度つけてください。

②完全に乾いた樹脂パーツに、コーティング剤が均等になるように塗り込んでください。

③新しいマイクロファイバータオルを1枚用意してください。塗布してから10分後に、マイクロファイバータオルでムラやコーティング剤の残りがないように拭き上げてください。

④ムラがないことを確認した後、次のセクション/パーツに移動し、②〜③を繰り返してください。

・2層目

①最後のセクションから1〜4時間あけてください。

②上記の①〜④を繰り返してください。 ※前の層で使用したアプリケーター、マイクロファイバータオルは次の層では使用せず、常に新しいものを用意してください。

・塗布後

①コーティング剤の硬化時間は24時間です。

②完全硬化までは1週間程度を必要とします。その間に汚れなどが付着した場合、ケミカルを使用せずに水洗いのみで洗浄を行ってください。

※最後に塗布した時点から2時間はボディに触れないでください。指紋など跡が残る恐れがあります。

※遠赤外線を使用する場合は、10〜15分を目安に50〜60℃に設定して乾燥させてください。

※アプリケーターやマイクロファイバータオルは、使用の都度、新しいものに交換してください。

Payment & Security

American Express Apple Pay Google Pay JCB Mastercard Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

Recently viewed